旧バージョンのDelphi / C++Builderで作成したアプリケーションをそのまま延命させていませんか?

Windows 10が普及する中、サポートの終了したバージョンのOSでしか動作検証をしていないアプリケーションを使い続けるのは、企業にとって大きなリスクです。とはいえ、旧アプリケーションを最新に移し替えるには、それなりの作業が必要。どうしても躊躇してしまいます。

そこで今回、旧Delphi / C++Builderアプリケーションをリフレッシュし、最新プラットフォームに対応した新たなプロジェクト資産として活用していくためのポイントを解説します。古いアプリケーション資産を、どのように最新バージョンに適合させていくのか。そのノウハウを学べます。

Webセミナーでは、以下のテーマごとに移行のポイントを解説します。

  • Windows 10の理解
  • 旧BDEアプリケーションをすばやく最新技術に対応させるコツ
  • 古いC++コードをリフレッシュする際のポイント
  • 最新の帳票アプリケーション構築手法

Webセミナーの視聴は無料です。いますぐ以下のフォームからお申込みください。すべてのWebセミナーをオンデマンドでご視聴いただけます。

配信内容

  • Windows10で変わるアプリのライフサイクル
  • コード資産を生かして移行 BDE から FireDACへ
  • 帳票をらくらく作成できる FastReport入門レベルを越えよう
  • 旧C++Builderからの移行ポイント

オンデマンド視聴

  • 本申込みにより収集した個人情報につきましては、個人情報保護法及びエンバカデロ・テクノロジーズのガイドラインに基づき適切に管理いたします。
  • エンバカデロ・テクノロジーズのプライバシーポリシーの詳細につきましては、こちらをご参照ください。